トイレを含めた葬儀のマナーを考える

トイレを含めた葬儀のマナーを考える

葬儀には、さまざまなマナーがあります。知っておかなければいけないことも多数あるでしょう。儀式として考えた場合にも失敗するわけにはいかない場です。準備も必要になってきますし、自分自身の体調管理などもおこなっておかなければいけないポイントになってきます。

葬儀という状況で、改めてマナーということも考えてみなければいけません。自分自身で勝手に決めていいものではなく、全体に対して不快にさせたりするようなことを避けていくことが対応です。ルールとして考えれば、規則として成立していきますが、それが良いことではありません。ルールのように定められるものではなく、しっかりと判断することが求められるものだからです。罰則がない分だけ、マナーというものは守っていかなければいけない側面を持っています。恥をかくことも出てきますし、迷惑を掛けることになればお互いに辛い思いをすることになるでしょう。

葬儀のマナーも言い換えれば約束事であり、常識として捉えられるものになってきます。マナーがないというのは、恥もかきますし、状況によっては喪主に恥をかかせてしまうようなことになるでしょう。やり直しがきかないというところも重要です。何か失敗をしたとしても、二度と取り返すことができなかったりします。社会として考えても、マナーを守れない人は信用されないといったことがあるのは、常識的なことになってくるからです。

礼儀作法のレベルができないのは、問題ばかりになってしまうこともあります。気をつけなければいけないことはいろいろとあり、葬儀独特のマナーもあります。焼香の方法など、知らなくてもある程度許容される部分も出てくるのは、だれもが間違う可能性も出てくるからです。その代わり、トイレに関することは、マナーとして考えて行動しなければいけないことになっていきます。事前にトイレにいっておくなど、できる限りの対応をしておくことが大切です。突然離席してしまう状況は、喪主に対して迷惑もかけることになりかねませんので、中座してしまうようなことはなるべく避けましょう。生理現象なのでどうしても行きたくなってしまったときは、焼香を済ませたあとに行くなど、式の進行を妨げたりしないためにも、ほんの少しの気づかいが重要になってきます。注意をしておけば対処できる問題であるのですから、事前によく考えておくことが、社会人としてもマナーです。トイレということでも、式を邪魔しないようにすることは社会人としてのマナーです。一般常識としてのレベルになってくるのですから、頭に入れておくようにしましょう。

INFORMATION

2018年11月09日
ホームページを更新しました。